治験コーディネーター(CRC)とは

治験コーディネーター(CRC)の主な仕事は、治験の作業がスムーズに実施できるよう医療機関や製薬会社、治験の協力者との間に立って、調整役を務めることです。

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容

CRCの仕事内容

治験コーディネーター(CRC)の仕事は多岐にわたります。

治験施設立ち上げ時の関連部門の調整、業務フローの確立、研修対応、 資料作成、カルテスクリーニング、被験者への同 意説明、治験スケジュール管理、診察・検査の立会い、服薬状況の確認、併用薬/有害事象確認、被験者相談窓口、緊急時の対応窓口、症例報告書作成、有害事象対応、安全性情報確認、治験実施状況の報告、モニタリング/SDV/監査の対応、依頼者への治験実施状況の報告などです。

 

CRCに求められるもの

治験コーディネーター(CRC) として働くためには、特別な資格はいりません。
未経験でもチャレン ジできる仕事ですが、看護師、薬剤師、臨床検査技師がもつ知識が少なからず求められます。
ですから、日々、新しいことを学ぼうとする向学心は必要かもしれません。
また、基本的な治験に関するプロトコールを理解するための科学的素養と人と人とのコミュニュケーションを柔軟に行える能力が必要です。
また、それ以上に医療貢献したいという気持ちも大切です。

 

CRCとしての働き方

ウェルビーで治験コーディネーター(CRC)として働く場合は、クリニックか病院など、施設の担当者となり、その施設内での仕事が主になります。
担当した施設で行われる治験のサポートを行います。
治験の内容にもよりますが、治験をスムーズに実施できるように院内調整、施設内で被験者候補を探すカルテスクリーニング、候補者への治験の説明、治験スケジュールの管理、被験者対応、医師の症例報告書作成の補助、被験者の相談窓口、依頼者対応などが主な業務です。
また、被験者対応時に発生する貸与機器の操作方法、検体の処理や発送手配、試験データの処理のためパソコンの操作、保険外併用療養費の請求にともなう事務処理なども求められます。

ウェルビーの仕事について、もっと詳しく

ウェルビーでは現在、第二新卒およびキャリア採用を実施しています。
ウェルビーへの応募をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。
>>お問い合わせはこちら

Copyright 2022 ウェルビー採用サイト